お薬手帳について
お薬手帳 お薬手帳には、これまでにかかった病気や、過去から現在に服用のお薬の履歴や、アレルギー歴、副作用の経験など、ご自身のお薬とからだに関する情報を記載できるようになっています。

これらの情報があれば、初めての医療機関でお薬を処方されたときや、複数の医療機関にかかっている場合に、お薬の飲み合せや、体質に合わないお薬が処方されていないかなど、相互作用や重複投与をチェックすることができます。

このため、お薬を安全に服用するためにお薬手帳を持つことはとても重要になります。
医療機関や薬局に行かれるときは、お薬手帳をご持参することをお勧めいたします。

またお持ちでない方は、薬局にてお渡ししておりますのでお申し出ください。